【最終回】ひとり起業講座

こんにちは!名城です。 

今日は最終回です。

前回は、教える仕事で収益化するまでたどり着けない原因と対策についてお伝えしました。

簡単にまとめると、

  1. お金を払ってまで解決したい悩みに対してサポートしてあげる
  2. 高額商品を申し込んでもらえるくらいの信用してもらえるための材料を作る
  3. 高額商品を販売する自分への抵抗をなくす
  4. お客さんの状況や関係性に合わせてアプローチを考える

という内容でした。

最終回の今回は、4番目の

お客さんの状況や関係性に合わせてアプローチしていく

という部分について詳しく解説していきます。

なぜお客さんの状態に合わせてアプローチするとよいのか

あなたはこんな経験ありませんか?

Facebookでほとんど喋ったことのない人から突然、今度セミナーやるんで来ませんか?っていうメッセージがきたこと。

ほとんど知らない人から誘われたセミナーなんて全然興味ありませんよね。

他にはこんなことはありませんか?

Facebookを開いたら半分以上が誰かの宣伝で埋め尽くされていたっていう状態。

興味のない人の宣伝投稿なんて見たくありませんよね。

このように、いきなり知らない人に商品の提案をしても、まず売れません。

SNSで商品の案内をしたとしても、ほとんどの人には興味を持ってもらえません。

とくに教える系の形のない商品は、自分が買ったあとのことを想像しずらいので余計に申し込みまでのハードルが高いんです。

信用がない人の商品はタダだとしても申し込みをしてもらえません。

ではどうすればいいのかというと、

今までお話ししてきたようにゼロから少しずつ信用を築いていけばいいんです。

あなたのことを知らないお客さんには、その人に必要な情報を。

少し関係性が出てきて、あなたのサービスについてもっと知りたくなってきた人には次の情報を。

このように相手の関係性に合わせて、相手とどのように接点をもつかを変えていきましょう。

いきなり本命商品を売るのではなくて、少しずつ登りやすい階段を登っていってもらうイメージですね。

具体的な階段の作り方

では、具体的な階段の作り方を解説していきますね。

あなたのことを知らない人が、実際にあなたの高額商品を申し込むまでの接点の作り方の1例を見ていきましょう。

1.あなたのことを知ってもらう(最初の接点)

まずは、あなたのサポートしたいお客さんとの最初の接点を作っていきましょう。

お客さんが自分から行動して接点を作ってもらう場合
・検索であなたのブログを見つけてもらう
・セミナー告知サイトであなたのセミナーを見つけてもらう

お客さんがたまたま見つけてくれる場合
・SNSであなたの情報(あなたの投稿やブログ、セミナー情報)が流れてくる

2.あなたに興味を持ってもらい先生として信用してもらえるようにする

お客さんとの最初の接点を作れたら、次はあなたやあなたのサービスの興味を持ってもらいましょう。

  • ブログや動画
  • プロフィール
  • 活動レポート
  • 成功事例

上記のコンテンツで興味を持ってもらったら、継続してオンラインで接点が作れるようにメルマガかLINEに登録してもらいましょう。

  • メルマガ、LINE登録用の無料プレゼント
  • メルマガ、LINE

3.自分にあった高額サービス提案までの流れをみつける

ここまできたら、次はあなたのサービスに興味を持ってもらうために、実際にサービスの提案をしていきましょう。

やり方は一つではありません。

いくつも試して自分なりの成功ルートを見つけましょう。

  • メルマガ、LINEで商品の案内をする

いきなり案内をするのも良いですが、できれば何回かに分けて商品の案内をしていきましょう。

よく縦に長い長文の申し込みページ(ランディングページ)をいきなり送る人もいますが、それよりもそのサービスにかける思いとか、あなたが今までサポートしてきたお客様の事例とかを何回かに分けて伝えていったほうが効果的です。

  • ランディングページ(商品案内のページ)

ある程度関係性を作って、お客さんのほしいという気持ちを高められたら、最後に商品の詳細をしっかり説明するためのページをお届けしましょう。

なぜこの商品を提供するのか、誰に申し込んでほしいのか、条件は?、期間は?などを丁寧に説明しましょう。

ランディングページは長くなりがちなので、興味のない人は読んでくれません。

ですからあなたとの関係性と商品への興味を持ってもらった段階で見てもらうのがベストのタイミングです。

  • フロントセミナー、個別相談

メルマガ、LINEで本命商品を直接案内してもOKなのですが、対面のほうが自信があるという人は、お試しのセミナーや個別相談の案内をメルマガ、LINEで案内していきましょう。

上記の方法を組み合わせて自分なりの流れを見つけていきましょう。

参考までに私のサービス受注までの流れを2つご紹介します。

 

 

1つ目

  1. セミナー告知サイト、Facebookで少額のセミナーのお知らせをする
  2. 実際の受講者さんの悩みを解決するセミナーを開催する
  3. 無料個別相談
  4. サービスの提案

2つ目

  1. メールマガジンの読者さんに何回かに分けて少額セミナーのお知らせをする
  2. 実際の受講者さんの悩みを解決するセミナーを開催する
  3. 無料個別相談
  4. サービスの提案

最後のサービスの提案は、相手にとって必要なサービスを自然に提案します。本当に必要な方は申し込みをしてくれるのでムリな売り込みは必要ありません。

 

4.本命の高額商品を提供する

おめでとうございます。
ここまできてやっと収益化ができるようになります。

ですがまだ終わっていません。
あなたの知識とスキルでお客さんの成功を全力でサポートして行ってください。

コツとしては、誰をどのレベルまで成長してもらうかをしっかり決めて、そうするためには何をすればいいのかを考えていきましょう。

たとえば、

  • コミュニケーションが苦手で結婚できない人→婚活を成功させる
  • WEBから集客したことがない人→月に30人をWEBから集客ができるようにする

このようにゴールをはっきりさせて、商品の中身を作り込みましょう。

代表的な商品型式
  • 連続講座+宿題
  • 連続講座+宿題+フィードバック+コミュニティ(Facebookグループなど)
  • 集中講座(1日~3日かけて行う合宿形式のもの)
  • グループコンサルティング+宿題
  • グループコンサルティング+宿題+コミュニティ
  • 個別コンサルティング
  • 教材販売(動画や音声、PDFの資料など)

5.お客さんの成長に合わせて、次の課題をサポートしていく

あなたのサポートでお客さんの課題解決を達成させることが出来ました。

ここまできたらあなたとお客さんの関係性はとても強いものになっているはずです。

そしたらお客さんの次の成長をサポートする商品を提案してあげましょう。

中学受験が終わったら、次は高校受験の講座の案内、その次は大学受験のための講座の案内。

このようにある程度成長したら、次のステージに向かうための商品を作ってください。

初級編、中級編、上級編のようなイメージですね。

WEBマーケティングの講座だったら

WEBサイトのアクセス解析を教える→アクセスアップの方法を教える→広告運用の方法を教える

人が成長すると必ず次の悩みにぶつかります。

アクセス解析を覚えたら、次はサイトのアクセスアップが必要になった。

アクセスを集める方法は身につけたので次は効率化をしていきたい。そのために広告の運用を学びたくなった。

このように相手の成長度合いや状況の変化によって出てくる次の壁の乗り越え方をサポートしていきましょう。

2つのことをしっかり作り切ることが大事

ここまでで集客から収益化まで段階を5つに分けてお話ししました。

あなたがゼロから収益化までのお客さんとの接点の作り方です。

いきなり、2時間のセミナーを案内する前にブログや活動レポートであなたのことを知ってもらいましょう。

いきなり本命商品の売り込みをする前に、LINEやメルマガで関係性を強くしていきましょう。

集客に困ったら、今回お伝えした1から5の段階に分けてどこが悪いのかを見つけてください。

本命商品が売れないのなら、そこまでの信用の作り方が足りないのかもしれません。

SNSの反応が悪いのなら、あなたがお客さんにするべき人が間違っているのかもしれません。

むやみやたらに行動を増やしたり、集客の勉強をするのではなくて、収益化までの一連の流れのどこが悪いのかを特定して必要な行動をしていきましょう。

それが教える仕事の集客までの型となるのです。

覚えていますか?

自分のサービスに興味のある人を集める→信頼関係を築く→販売する

これが教える仕事の集客の型ですね。

それを具体的に説明した流れが今日の内容になります。

集客の型を作るためにあなたのサービスが、誰のどんな悩みを解決してあげるのかというコンセプトをしっかり決めてなくてはいけません。

つまり、あなたのサービスのコンセプトと集客の型をつくりきることが、あなたが教える仕事で食べていくための方法になります。

考えてばかりいないでお客さんに会いに行こう!

お疲れさまでした!

これで全6回のメール講座は終了です。

教える仕事で食べていくためのプロセスを説明しました。

簡単に振り返っていきましょう。

教える仕事の収益化ロードマップ

1.コンセプトを固めるフェーズ(メール講座の第2回~第3回の内容)

コンセプトで大事なことは以下の

  • 自分がやってて楽しい分野か
  • お金を払ってまで解決したいと思っている人がいるか

この2つが決まったら

  • 誰を
  • どんな方法で
  • どこまで変化させてあげるか

を固めていきましょう。

このフェーズでやることは、

  • 人前でしゃべる(セミナーを開催する)
  • 無料モニターで実際にお客さんのサポートをする

この2つを通して、あなた自身のモチベーションの確認をしながら、先生としてのスキルとお客さんの需要をリサーチしていきましょう。

2.集客の型を固めるフェーズ(メール講座の第4回~第6回)

コンセプトが固まったら、次は集客から収益化までの型を作っていきましょう。

集客の型は

自分のサービスに興味のある人を集める→信頼関係を築く→販売する

でしたね。

今日お伝えしたゼロから収益化するまでの流れを、前回までのワークでお話ししたコンテンツを活用して作り上げていきましょう。

  • プロフィールページ
  • 活動レポート
  • 成功事例
  • 渾身のお役立ち記事
  • 1対1で情報を届けるツール
  • 商品・サービス情報

これらのコンテンツを少しずつ60点ぐらいの出来でいいので少しずつ揃えていってください。

それを使って集客フローを完成させて行きましょう。

最後に

以上で、全7回のメール講座は終了となります。

全体を通して2つのことをお伝えしていきました。

一つは、コンセプトを固めること。

自分が本当にやりたいことなのか。必要としている人はいるのか。

この2つを固めないで、スキルの習得や集客の勉強に時間をかけてしまうので、モチベーションが続かないし、挫折してしまうのです。

もう一つは、集客の基本の型を知ること。

世の中に大量に溢れている集客についての情報はすべて、本質的な部分は同じです。

ですから次々新しい手法に手を出す前に、まずは基本の型を作りきることを意識してください。

最初はテクニックなんてどうだっていいんです。

自分がやりたいことは何なのか。

人が必要としていることは何なのか。

その人から信用を得るためにはどうすればいいのか。

それができていたら、収益はあとから付いてきます。

コンセプトを固めて、集客の基本の型を作りきっていきましょう。

 

最後に、この2つを作る上でいちばん大事なことをお伝えします。

 

教える仕事は、人とコミュニケーションを取りながら育てて行くもの

 

ということです。

よく自分は何がやりたいんだろうという悩みにぶつかる方がいます。

机の前、パソコンの前で考えていても答えは出てきません。

 

まずは、人に会いに行ってください。

 

実際に誰かの話しを聞いているうちに、こんな人のこういう悩みを解決してあげたい。

この分野なら需要がありそう。自分の興味のある分野かもしれない。

というように答えはやってみないとわからないものです。

集客ができない原因もそう。

ずっと集客の勉強ばかりしていて、テクニックを身に着けたとしてもそこにお客さんはいません。

お客さんの本当に求めていることは、お客さんとコミュニケーションを取る中で見つけていくものです。

その中で見つけたことを、最適なタイミングで最適な人に提供してあげましょう。

 

テクニックは最低限で十分です。

 

というわけで、教える仕事はお客さんとのコミュニケーションで作っていく。

といことを全6回を通してお伝えさせて頂きました。

教える仕事は、始めやすい分、挫折する人もたくさんいます。

でも人からダイレクトに感謝してもらえるとても楽しい仕事だと思っています。

ですから、ぜひあきらめないで最後までやりきってください。

どこかで挫折しそうになったらこの講座のことを思い出してください。

では、教える仕事で楽しく食べていくメール講座、最後までお読み頂きありがとうございました。

あなたとどこかでお会いできることを楽しみにしています。

 

ここまでしっかり読んでくださったあなたにプレゼントです。

このメール講座のご感想をいただいた方へ特典動画をプレゼントします。

わたしが年に100件のセミナーのサポートをしていたときのノウハウをつめこんだナシロ流セミナーの極意の動画教材です。

このメール講座で少しでも学びがあったという方は、こちらの感想記入ページで感想を記入していただき、動画特典を受け取ってください!

 

 

Copyright© なしろのぶろぐ , 2019 All Rights Reserved.