【お客様の声】誰かのやりたいことをみつけられるきっかけになったことが嬉しかった

 
伴野さんインタビュー
この記事を書いている人 - WRITER -
名城 真彦
主に個人ビジネスの方向けに開業支援やブログ・ホームページ制作、FB広告運用の仕事をしています。 年商1億円喫茶店の店長→年間100件くらいセミナーをするコワーキングの店長→独立しました。 喫茶店のマスターをしながら、Webマーケティングの事業を両立させることを目標にしています。
詳しいプロフィールはこちら

ここでは、僕の講座企画支援のサポートを受けてくださり、2ヶ月ほどで講師デビューを成功させた伴野恵美さんのお客様の声を記事にしました。

伴野さんは洋蘭農家を営みながら、ワクワクハンターという肩書でコミュニティやイベントを主催している方です。

今回のサポートで講師デビューをしたあとは、家業のかたわらに自分で大きなマルシェを企画するなど次々に新しいチャレンジをされています。

これから新しいことを始めようと思ってる、でも最初の一歩を踏み出せない。

そんな人に読んでほしい内容です。

動画で見たい方はこちらから。文字で読みたいかたは下の方に記載しました。

サービスに申し込む前はどんな状況でしたか?

わたしにはコンテンツがないっていうか、資格がありませんでした。

まわりの方はヨガの先生だったり、何かの講師だったり色々資格を持った方がいるんです。

でも自分には何も資格はない。

だから何かやりたいなと思っても、何もできなかった。

人に会うのは好きなので、何かやりたいなと思っていたけど教える資格がないなと思っていました。

何がきっかけでサービスを申し込んでいただいたのですか?

名城さんのサービスの告知内容が、資格がなくてもあなたの強みを見つけますって部分がすごく気になりました。

何が自分のポイントなのかっていうのを第三者の方に見つけてほしいなと思って飛びつきました。

サービスを受けてみてどうでしたか?

自分ではやっぱり何か決断できないし、SNSも苦手だしパソコンもできない。

でもそういうことは最低限、学ばないといけない。

集客もしなければいけない。

講座の構成も考えないといけない。

あれもこれも全部やらなければ出来ないって勝手に思い込んでいました。

そうすると、やっぱり私にはできないかなとかって思っていたんです。

だけど結局名城さんと一緒にすすめることによって、自分の苦手な事は名城さんにお願いすることができた。

できないって思っていたことがすごい簡単に実現するっていうことを体感しました。

企画を進めるうちに自分が本当に困っていることを相談してアドバイスも頂きました。

たとえば講座の構成とかも名城さんに投げかけたら、ここがわかりにくいっていう所を客観的にみてくださいました。

自分が伝えたいと思って書いたこことでも、これでは相手の人には伝わらないよっていうポイントも教えてくれたりもしました。

あと告知サイトの作り方も自分ではできないので、そこもお願いしますって言ったら快く引き受けてくださいました。

そういったことで本当に2ヶ月ぐらいであっという間に実現できた。

まさか自分が人の前に立って講師になるっていう事ができると思ってなかったんです。

資格も何もないなので。

それが実現出来たっていうのは本当に良かったと思います。

名城:期限を決めましたからね。

ハイ、もう相談したその日に決められて。ゲゲって感じで。

もうやるしかなくなりました。

一番苦手だった決断することを逆に決めていただいたことで、逆算してやらなければいけないことがどんどん具体化できた。

だから現実になったって思います。

伴野さん

 

サービスを受けた後は何か変わったことはありますか?

自分が講師になりたかったのかなって思ったらそうじゃなくって。

なんでなっちゃったんだろって気持ちもありました。

けど実際に私の講座に参加された方から「本当に良かったです」とか「勇気をもらえました」とか。

そんなすごく嬉しい感想を頂いたので、やって良かったなってすごく思った。

自分の経験を人に話すことによって、聞き手の人たちがやりたいこと見つけられるきっかけになったこともすごく嬉しかった。

それが自分の自信になったのですごく良かったと思います。

今後挑戦したいことはありますか?

やっぱり一歩を踏み出せない方達と一緒にコミュニティを作りたい。

そこで共感できることが見つかったら一緒に何かやる。

たとえばマルシェをやったりとか、勉強会をやったりとか。

やりたいことを見つけてみんなで作り上げるような。

仲間がいれば一人ではできないと思ってたことも簡単に実現する。

そして私みたいに自信がちょこっと出た人達がどんどん増える。

その人たちが周りの人を持ち上げてくれる。

そういうことが広がってくれれば嬉しいなと思います。

最後に一歩踏み出せない人達に対してメッセージをお願いします

伴野さん
振り返ると、やれないっていうのは自分の本当に思い込みでした。

だからやれないって思わずに、とりあえずやってみること。

最初はすごく勇気が必要で怖いんです。

わたしも何回も怖い思いをしてきました。

でも一回なんか踏み出してみると、あれ、意外といけるじゃんって思える。

それが重なってくると、今までできなかったことが当たり前にできるようになる。

最初の一歩は本当に怖い。

そこをなんとかクリアして、チャレンジすることを選択してみてみること。

それで徐々に今の自分の習慣から飛び出ていくと、新しい本当に世界が広がるかなって思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
名城 真彦
主に個人ビジネスの方向けに開業支援やブログ・ホームページ制作、FB広告運用の仕事をしています。 年商1億円喫茶店の店長→年間100件くらいセミナーをするコワーキングの店長→独立しました。 喫茶店のマスターをしながら、Webマーケティングの事業を両立させることを目標にしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© なしろのぶろぐ , 2020 All Rights Reserved.