LINE@のトーク画面の下の方の「メニュー」の表示を個人LINEと同じにする方法

名城 真彦
WRITER
 
p-LINEtalk
この記事を書いている人 - WRITER -
名城 真彦
楽しく学べるセミナーマーケティングの先生。 年間500回以上のイベントを開催している名古屋のコワーキングスペースタスクールの現役店長を務める。 主催の講座やお客さまの講座を企画から運営、集客までを行っている。その活動と並行して講座を開催する講師のためのランディングページ作成の講座や作成サポートを行っています。

 

LINE@を運営しているのにコメントが全然来ない。

その原因の一つにコメントの打ち込み方がわかりにくいということがあります。

LINE@のトーク画面って下の方の表示が「メニュー」って書いてありますよね。

コメントを入力しようと思ったら左下のキーボードのようなボタンを押さないとできないのでパっと見てわかりにくいんです。

この部分って個人のLINEのトーク画面だと違う表示になっています。カメラのアイコンやマイクのアイコンの間にコメントを入力する枠がありますよね。多くのメッセージアプリ(フェイスブックメッセンジャーとか)はこの表示になっています。

実はLINE@もこの表示にできるんです。

やり方はとても簡単でパソコンがあればすぐにできますよ。

LINE@のトーク画面のメニュー非表示の設定方法

①パソコンでLINE@の設定画面を立ち上げる。(スマホからChromeなどのブラウザで設定することもできます。)

②左側にある「アカウント設定」をクリック

p-アカウント設定

③アカウントページメニューを非表示にチェックして保存を押す

p-LINEMANAGER2

以上で終了です。

 

トーク画面がこんな感じになります

Before

p-LINEトーク1

After

p-LINEトークメニュー2

なんということでしょう。コメントの打ち込み方がとてもわかりやすくなったじゃありませんか。まさに匠の仕事です。

メニューを非表示にするメリットとデメリット

メリット

個人LINEのトーク画面と同じ表示になるのでコメント入力がわかりやすい。

デメリット

逆にメニュー機能を活用できなくなる。

僕の運用しているLINE@ではメニュー機能を活用していなかったので特に問題ありませんでした。

 

メニューを非表示にしてもコメントをしてもらう工夫は忘れないで

この設定で左下のキーボードのようなボタンをクリックしなくても気軽にコメントが入力できるようになりました。

それでもコメントを送ると全体に公開になってしまうんじゃないかと思っている人もいるので、友達登録時の自動メッセージに「1対1のやり取りになりますよ」って説明があるといいですね。

対面でLINE@の登録を促すときは口頭で気軽にコメントしてもらえるように上手に説明しましょう。

1回目のコメントが一番ハードルが高いので、初回登録時にコメントしてくれたら何か特典をつけるのもおススメです。

 

余談ですが、僕が運営しているLINE@では、できるだけ小ボケをいれるようにしています。なのにいまだに誰も突っ込んでくれなくて少しせつないです。もっとボケ力をつけねばと思うのであります。

お知らせ

あなただけの喜ばれる講座の作り方ウェブセミナーを開催します!

講座の講座

2019年5月26日(日)10時~12時

2019年5月28日(火)20時~22時

講座の作り方のコツについてお話しします!

気になる方はこちらからご確認下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
名城 真彦
楽しく学べるセミナーマーケティングの先生。 年間500回以上のイベントを開催している名古屋のコワーキングスペースタスクールの現役店長を務める。 主催の講座やお客さまの講座を企画から運営、集客までを行っている。その活動と並行して講座を開催する講師のためのランディングページ作成の講座や作成サポートを行っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© なしろのぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.